ハンドトリートメントボランティア

c0312878_19490875.jpg
こんばんは

東洋コンプリメンタリー・セラピー

Noyaの上坂です



今日は月に1度の
介護施設でのハンドトリートメントボランティアでした110.png
エンジェルハンズの活動です。

今日、ご一緒したセラピストさんは
エンジェルハンズを立ち上げた方でもあり、
アロマセラピストでもあり
そして今は背骨コンディショニングインストラクター・パーソナルトレーナー
として背骨コンディショニング体操指導をしている
山田桃世さんです

今回は写真がないため
上の写真は以前ものですが
写真右が桃世さんで左が私です
c0312878_09343289.jpg
こちらは前回、しずかさんとご一緒したとき
c0312878_09342327.jpg
今回は
前回ご参加いただいた利用者さんが
前回ハンドトリートメントをした後
手のこわばりが楽になったと(※あくまでも個人のご感想です)
今回もリピートしてくださったり。
私の顔を覚えていてくださったり。


他にも嬉しいことがいくつかありました
少しずつ回を重ねるごとに
ハンドトリートメントを楽しみにしてくださる方が
増えているな~と感じています


嬉しいことですね110.png


私も毎回参加できるわけではありませんが
できるだけ参加しようとスケジュール調整をしています
誰かが行けない時も1人で行動しているわけではないので
エンジェルハンズメンバーの他のセラピストさんが行ってくれたり。
なので、ボランティアが継続できていたり。


例えば私一人で介護施設にハンドトリートメントボランティアに行ったとしても
スケジュール的に月1回行けない時もあると思います。
そうなると継続は難しいです。
楽しみにしてくれる利用者さんのためにも
継続が大切ですからね110.png


そして毎回恒例。
c0312878_09344444.jpg

ハンドトリートメントボランティア日誌。

忘れないうちに書き留めます。

今日の症例。

気づいた事。

利用者さんとのお話の中で分かった事。

トリートメントの内容、反省点など。

毎回書いていると前回、前々回との違いなどもわかり、

情報の整理にもなります



お話の中には健康の話も出てくることもあります。

勤務している介護施設でもあることですが

36歳だと周りから見ると若い部類に入るので(笑)

病気の話になった時

「まだお若いから、わからないかもしれないけど…」

という声を頂くともありますので

そういう時はお伝えしています



昔は今よりもっと虚弱体質でしたので

あまり堂々と言うのもなんですが(笑)



・原因不明のめまい(同時に鉄欠乏性貧血によるめまいでICUに入ったことがあります)

・低血圧症

・突発性難聴

・リンパ球性下垂体炎(自己免疫疾患)

・円盤状半月版により2度の膝手術(先天性奇形)

・大腸憩室炎

・足の甲骨折

・十二指腸潰瘍

・マイコプラズマ肺炎

・癒合椎(先天性奇形)

・顎の手術(生まれつきの歯並びが原因)

・アレルギー性結膜炎


などなど……。色々経験しております。

その経験あっての今の私です。

これらが原因で仕事ができなくなったこともありました。



そういうこともあってか、

年齢が若いからとか、高齢だからとか

体型などの外見的なことから

決めつけないようにしています

見かけでわかることなんてほんの1部。

わからないことが大半です。

ま、あれですね。

決めつけるのが嫌いなんです(笑)






そして、健康のためにとアロマセラピ―からはじまって

色々と学び

セルフケアにとりいれ実践したことで

経験した体や心の変化。

そこから学んだ経験と知識を

お伝えできる仕事ができている今に幸せを感じます110.png





桃世さん、そして介護施設のスタッフさん。

ご参加頂いた利用者さん方

皆様、今回も楽しい時間を過ごさせて頂いて

ありがとうございました110.png





本日もお読みいただき、ありがとうございました110.png




179.pngNoyaのホームページはこちらから

■メニュー詳細は↓下記HPからご覧ください



[PR]
by chouettedeco | 2018-03-19 20:44 | ボランティア | Comments(0)
<< 占星術鑑定 ついに合格を頂きました! >>