二十四節気【小雪】

c0312878_08410674.jpg


ご訪問くださり、ありがとうございます

Noyaの上坂です


昨日は、二十四節気でいうところの【小雪】。
>雪が降り始める頃。まだ積もるほど降らないことから、

小雪といわれたようです。


~~~~~~~所属する日本漢方養生学協会より~~~~~~


冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也”

朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。

本格的な冬の到来です。


1126日は「いい風呂の日」。

一段と冷え込むこれからの時期は、

ゆっくりお風呂にはいって、身体を芯から温めましょう。



≪ヨモギ風呂 ≫

肥料がなくても、繁殖するほどの強い生命力を持つヨモギは、

古くから食用やお茶、お灸に使われるもぐさの材料として

幅広く用いられてきました。

その鮮やかな色と清々しい香りが多くの人に好まれ

草餅や草木染めの材料としても親しまれています。

乾燥させたヨモギは「艾葉(ガイヨウ)」と呼ばれ

身体を芯から温める生薬。

冷えからくる月経痛や腰痛、痔に使われる漢方薬に入っています。

c0312878_08352848.jpg
(こちらのよもぎは、我が家の庭で栽培している沖縄のフーチバーといわれるヨモギです)


乾燥ヨモギ50gをさらし木綿の袋に入れ、

沸かした湯船に入れてゆっくり浸かりましょう。

煎じたものを洗面器に入れ、手浴や足浴にしても

大変温まります。

c0312878_08343295.jpg
(こちらは、ご近所さんから頂いた大量の土つき大根&かぶ)

≪ダイコン風呂 ≫


消化を助け、胃もたれやお腹の張り、咽の不調など、

幅広く使われている大根。

これからの時期、風邪やインフルエンザの予防としても

大いにお役立て頂けます。

大根は、スズシロという別名で「春の七草」にも登場します。

また、種子はライフクシと呼ばれ、痰を取る生薬として使われています。

c0312878_08345392.jpg
(ご近所さんから頂いた大根の葉。せっかくなのでお風呂に使いましたが、なかなか気持ち良かったですよ)


入浴剤として利用するのは葉の部分。

陰干しして細かく刻んだ大根の葉一掴みを鍋で煮出し、

その煎じ液を湯船に入れましょう。

干葉(ヒバ)風呂といわれ、冷えや乾燥から肌を守ってくれる

伝統的な薬草風呂です。

薬草風呂は、「寒邪」で滞った気血を巡らせる他、

豊かな香りで、ココロの疲れも癒してくれます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大根&かぶは、かなり大量に頂いたので…

c0312878_08340163.jpg
大根のからし漬けを作ったり…。
c0312878_08341363.jpg
かぶのスープを作ったり。

黒きくらげと合わせた煮物を作ったり。

作り置きしていた常備菜の酢玉ねぎと一緒に合わせて食べたり。


手に入りにくい特別な薬膳食材を使わなくても、食材の性質、食材のもつ力、

そして自分の体質をきちんと知って使うとそれも立派な薬膳です。

とくに日本食や古くからの日本の生活には、薬膳・養生の知恵が自然な形で取り入れられています。


現代の生活スタイルで100%昔の生活に戻るということは、なかなか難しいです。

それは100%自給自足の生活にしないと無理かもしれません。


ですので、100%は難しくても、何パーセントでも良いので

自分の生活に無理なく、そして何より楽しく取り入れられるものを

何か1つでも続けられると良いですね012.gif


今年は庭のよもぎを手摘みして乾燥し、よもぎ蒸しで使ってみたり。

栽培した紫蘇やえごまをお茶にして飲んだり、お風呂にいれたり。

自然の恵みに感謝しながら楽しくを実践。


来年は、庭に野菜を育てるスペースを作っていくつか栽培しよう。


Noyaのホームページはこちらから↓


[PR]
# by chouettedeco | 2016-11-23 09:00 | コンプリメンタリー・メディスン | Comments(0)